So-net無料ブログ作成
〈スイス/イタリア〉 ブログトップ

【スイス/イタリア】マッターホルン [〈スイス/イタリア〉]

マッターホルン(独: Matterhorn、伊: Cervino チェルヴィーノ、仏: Mont Cervin モン・セルヴァン または Le Cervin ル・セルヴァン)は、アルプス山脈に属する標高4,478mの山である。

山頂にはスイスとイタリアの国境が通り、麓の町はスイス側にツェルマット、イタリア側にit:Breuil-Cervinia がある。マッターホルンという名称は、ドイツ語で牧草地を表す「matt」と、山頂を表す「horn」に由来している。

【スイスイタリア】マッターホルン .jpg

地形と地質
山体はピラミッド型で4つの斜面があり、東壁の高さは1000m、北・南・西壁はそれぞれ1200m・1350m・1400mほどである。東壁と北壁がツェルマットから見える。傾斜が激しい斜面では氷雪はわずかに残るのみである。雪は雪崩を起こして滑り落ち、場所によっては氷河を造り出す。マッターホルンの切り立った北壁は、アイガーおよびグランド・ジョラスと合わせ三大北壁と呼ばれる。

基部は堆積岩であるが山体は片麻岩で形成されている。パンゲア超大陸が分裂し始めた2億年前にゴンドワナ大陸のアフリカ部分として残ったアプーリア・プレートが、1億年前に同大陸から分離しヨーロッパ大陸へ移動して乗り上げた[1]、ナッペと言われる地質構造を示す。山容はその後の氷河の作用で形成されたもので、こういった地形は氷食尖峰と呼ばれる。






登山史
マッターホルンが制覇されたのはアルプスの他の山々と比べれば最近のことである。これは技術的な困難によるものではなく、この山が霊峰であるということを初期の登山家達が恐れたからであった。マッターホルン制覇の試みが始まったのは1857年ごろで、多くの登山家はイタリア側から挑戦した。しかしイタリア側の登山路は険しく、多くの登山隊は岩壁を攻略できずに退散した。

数回の失敗と民族主義的な中傷を受けつつも、1865年7月14日、エドワード・ウィンパー、チャールズ・ハドソン、フランシス・ダグラス卿、ダグラス・ハドウのイギリス人パーティはミシェル・クロッツとタウクヴァルター父子をガイドにして登頂に挑戦し、初めてこれに成功した。このとき選んだヘルンリ尾根を通る登山路は他のルートより平易であった。下山中、ハドウの滑落にクロッツとハドソン、ダグラス卿が巻き込まれ、ザイルが切断し4人は1400m下に落下して死亡した。発見されなかったダグラス卿を除く3人の遺体はツェルマットの墓地に埋葬された。なおウィンパー著『アルプス登攀記』が岩波文庫上下と講談社学術文庫で刊行されている。

3日後の7月17日、ジャン・アントン・カレル率いる登山隊がイタリア側からの登頂に成功した。1868年にはジュリアス・エリオットが自身2度目の登頂を果たし、同年ジョン・ティンデールは2人のガイドとともにマッターホルン縦走に成功した。1871年にはルーシー・ウォーカーがライバルのw:Meta Brevoortに数週間先だって女性初の登頂を成し遂げた。1923年には日本人として麻生武治が初登頂を果たした。

その他の主な登頂歴
・1879年9月3日、w:Albert F. MummeryらがZmutt尾根から登頂
・1931年8月1日、トニー・シュミットらが北壁を初登頂
・1965年8月6日、服部満彦と渡部恒明が北壁を日本人初登頂
・1969年7月29日、福島博憲が単独で北壁を日本人初登頂(世界第三登)

登 山
マッターホルンの全ての斜面と尾根は、全ての季節に於いて制覇されている。現在の水準からいえば、マッターホルンは技術が必要であるものの熟練登山家にとってそれほど難くない。部分的に補助用ロープが張られている部分さえある。しかし未熟な登山者による岩場からの滑落や遭難などで、年間何人かの登山者が命を落としているのが現状である。なお三大北壁の一つに数えられる北壁ルートは、熟練者であっても困難なルートである。

最も一般的なヘルンリ尾根ルート
1.ツェルマットからマッターホルン・エクスプレスというロープウェイに乗車
2.2つ目のシュバルツゼー駅でロープウェイを下車し、ヘルンリヒュッテを目指す
3.ヒュッテで1泊し、午後に発生する吹雪と雲を避けるために、翌日の午前4時頃から登頂を始める

(Quoted from Wikipedia)


〈スイス/イタリア〉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。