So-net無料ブログ作成
イエメン ブログトップ
前の1件 | -

【イエメン】サナア [イエメン]

サナアは、アラビア半島南西にあるイエメンの首都である。サナア県の中心ではあるが、行政上はサナア県に属さず、Amanat Al-Asemah(サナア市)を単独で構成している。サナアは標高約2,300mの高原にあり首都としては世界でも高地にある。モンスーンの影響を受け、雨量も多い。市内には粘土で作った煉瓦造りの建物があり、アラブ文化が色濃く残っている。イスラムの都市であり、市内にはムスリム大学やモスクが数多く見受けられる。2008年に完成したサーレハ・モスクは4万人を収容する。サナアの人口は1,747,627人、都市圏人口は2,167,961人(2004年)で世界で最も増加率の高い首都の一つである。サヌアとも表記される。

【イエメン】サナア.jpg

歴史
世界最古の町のひとつとされ、伝説ではノアの息子・セムによって町が創建されたとされる。エベルの息子のヨクタン(イエメンに入植したと言われる)の子孫・ウザルに因んで、サナアは古くは「アザル」と呼ばれた。現在の地名は南アラビアの言葉で「堅牢な要塞」を意味する。シバ王国があったとされる今日のマアリブ県と紅海を結ぶ十字路に位置し重要な町であり続けた。「ユダヤ教王朝」(ヒムヤル王国)の最後の王・デュ・ヌワスは都をサナアに移した。アクスム王国では総督府が置かれた。イスラム教がこの地に入りカリフ制国家の支配下に入ってもサナアは中心都市として揺ぎ無いものがあった。マムルークが1517年にイエメンに侵入するもマムルーク朝はオスマン帝国に滅ぼされると、サナアはその支配下に置かれた。1538年から1635年の第一次支配下ではウィラーヤの中心となり、1872年から1918年のオスマン帝国の第二次支配下でもウィラーヤの都であった。
1918年にイエメン王国が成立すると首都となり、1962年にイマームが放逐されイエメン・アラブ共和国が成立されるとその首都となった。南北イエメンが統一された1990年からは現在のイエメン共和国の首都である。

(Quoted from Wikipedia)




☆東欧、アフリカ、中近東、中央アジア- 絶景&記事☆

【チェコ】プラハのストラホフ修道院。
http://p.tl/Tx6F

【チェコ】カレル橋。
http://p.tl/5mAK

【クロアチア】ドゥブロヴニク
http://p.tl/YP1q

【ポーランド】
http://p.tl/b1nN

【モロッコ】フェズの迷路
http://p.tl/aB6q

【エチオピア】ダナキル砂漠
http://p.tl/QE16

【ジンバブエ】ビクトリアの滝
http://p.tl/XlW1

【南アフリカ共和国】喜望峰
http://p.tl/Zi-9

【セーシェル】ラ・ディーグ島
http://p.tl/AVSR

【イエメン】ソコトラ島。
http://p.tl/UxsM

【シリア】ボスラの円形劇場
http://p.tl/USWy

【ヨルダン】ペトラ遺跡
http://p.tl/Xbia

【ヨルダン】ペトラ遺跡
http://p.tl/OdOV

【エジプト】カイロ
http://p.tl/FFAJ

【エジプト】ピラミッド
http://p.tl/XgOE

【トルコ】イスタンブルの歴史地区
http://p.tl/xgCL

【トルコ】イスタンブル
http://p.tl/s3jI

【トルクメニスタン】
http://p.tl/bt8k




前の1件 | - イエメン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。