So-net無料ブログ作成
スイス ブログトップ
前の1件 | -

【スイス】ラヴォー [スイス]

ラヴォーはスイス・ヴォー州にあるブドウ栽培地方で、レマン湖畔の段々畑で知られる。2007年の第31回世界遺産委員会において、「ラヴォーのブドウ段々畑」の名で、世界遺産に登録された。 11世紀にベネディクト修道会とシトー修道会がこの地域を支配し指導した。

【スイス】ラヴォー地区の葡萄畑。I4Tsc.jpg

市町村
この地方はローザンヌとモントルーの間に広がり、以下の市町村を含んでいる。

・シャルドンヌ (Chardonne)
・ジョニー (Jongny)
・シェクスブル (Chexbres)
・キュリ (Cully)
・エペス (Epesses)
・グランヴォー (Grandvaux)
・リュトリ (Lutry)
・ピュイドゥ (Puidoux)
・リー (Riex)
・リヴァ (Rivaz)
・サン=サフォラン (Saint-Saphorin)
・ヴィレット (Villette)



ブドウ栽培地方
ブドウ栽培地方は800ヘクタールを超える。夏の暑く上等な陽光、レマン湖面の照り返し、熱い部分とそれをしのげる部分とを持つ石の斜面、これらの3点がブドウを熟させ、輝かせる。

土壌と微気候 (micro-climats) が非常に多様性に富んでいる。このことが、栽培家たちに豊富な種類のワインを作るノウハウを授けた。

ローザンヌのオリンピック博物館とシヨン城を結ぶ32kmにわたるおよそ8時間半かかる徒歩コースがある。その道程には、8つのワインの銘柄を見出すことが出来る。

ワインの銘柄一覧
・リュトリ (Lutry)
・ヴィレット (Villette)
・ウペス(エペス、Epesses)
・カラマン・グラン・クリュ (Calamin Grand Cru)
・デザレー・グラン・クリュ (Dezaley Grand Cru)
・サン=サフォラン (Saint-Saphorin)
・シャルドンヌ (Chardonne)
・ヴヴェー=モントルー (Vevey-Montreux)

(Quoted from Wikipedia)





前の1件 | - スイス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。