So-net無料ブログ作成
検索選択

【スペイン】セゴビア旧市街、アルカサル [スペイン]

セゴビア(Segovia)は、スペインの都市。カスティーリャ・イ・レオン州セゴビア県の県都である。マドリードからは87km、バリャドリッドからは111kmの位置にある。

歴史
セゴビアには古代から人が住んでおり、現在のアルカサルの位置にはケルト人の城があった。ローマ時代には、クルニア(es)の行政区に属していた。ローマ時代には「セゴウィア」、イスラム支配期には「シクビヤー」と呼ばれたが、この名前はおそらくケルト語で「とりで」を意味する。

【スペイン】セゴビア旧市街、アルカサル4.jpg




11世紀、カスティーリャ王アルフォンソ6世がトレドを征服したのち、アルフォンソ6世の娘婿ライムンド(レーモン)はセゴビアに司教座を創建し、キリスト教徒を植民させた。12世紀には内乱が起きたが、移牧のルート上にあったため羊毛や毛織物の取引が発展した。中世の終わりにセゴビアは最盛期を迎えた。ゴシック様式の建築物が建てられ、アルフォンソ10世はアルカサルを王室の宮殿に変えた。1474年12月13日にイサベル1世はセゴビアでカスティーリャ王位に就いた。

1520年のコムネーロスの反乱では、セゴビアは毛織物産業が盛んな諸都市とともに反乱に加わった。反乱の敗北にもかかわらず経済的な発展は続き、1594年には2万7千の人口を数えた。その後はカスティーリャの諸都市と同様に衰退し、1694年に人口は8千人に減少した。18世紀には毛織物産業の再興が図られ、カルロス3世の時代に王立羊毛工場が建てられたが失敗に終わった。19世紀から20世紀前半には経済が活性化し、人口が回復した。

(Quoted from Wikipedia)


★ヨーロッパ2- 絶景&記事★

【イタリア】ピサの斜塔
http://p.tl/sBGX

【イタリア】ナポリ
http://p.tl/6D7z

【イタリア】リオマッジョーレ
http://p.tl/RlBa

【イタリア】カプリ島、青の洞窟
http://p.tl/zCRZ

【イタリア】ドロミーティ
http://p.tl/fis0

【イタリア】フィレンツェ歴史地区。
http://p.tl/34UW

ドイツ】ノイシュヴァンシュタイン城
http://p.tl/AX1J

【ドイツ】ケルン大聖堂
http://p.tl/gLxW

【スペイン】サグラダファミリア
http://p.tl/0vRU

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ
http://p.tl/SNG4

【ポルトガル】ポルト
http://p.tl/6RPq

バチカン市国】通称バチカン
http://p.tl/BexM

【マルタ共和国】ヴァレッタ
http://p.tl/Ldlz

マッターホルン。
http://p.tl/oWKy

スイス】ラヴォー地区の葡萄畑
http://p.tl/X-GN

【スイス】ベルン
http://p.tl/v6Qt

【スイス】氷河特急
http://p.tl/TNiX

ギリシャ】 メテオラ
http://p.tl/sWUS


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。